サイン裏読み競馬予想

サイン読み・裏読み中心の競馬予想、予想は重賞のみ閲覧は無料です!

※本ページはプロモーションが含まれています

エリザベス女王杯2023サイン予想 いざ尋常に勝負!

2023年11月12日に行われる「エリザベス女王杯」のサイン予想です。

今週はエリザベス女王杯の枠順確定前に1つのサイン考察記事を投稿しました。そのサイン考察を元に予想し5頭に印を付けてます。サインの詳細はサイン考察記事をご覧ください。

 

公式X(Twitter)で紹介された過去の優勝馬は「メイショウマンボ」でした。オークス、秋華賞、エリ女と3連勝を決めた3歳馬、テレビCMのラストも3歳馬のファインモーションだったことから、サイン的には3歳馬が優勢です。

「3歳馬優勝・2着古馬」か「古馬優勝・2着3歳馬」か決着はこのどちらかになると思います。サイン的には前者、私のサイン本命馬も3歳馬です。

競馬.メイショウマンボ.パネル.優馬.秋華賞

[PR]秋華賞メイショウマンボ パネル

2023エリザベス女王杯 サイン予想 予想印と解説

◎1番 ブレイディヴェーグ

ブレイディヴェーグは前走ローズS2着で秋華賞出走権を確保したものの、秋華賞を回避しエリ女に向かうと早い段階で発表されました。その理由は歩様の硬さがあり疲れをとる為とされていますが、私は当初からエリ女が秋の目標だったのではないか?と邪推します。秋華賞には同じサンデーRのリバティアイランドも出走し三冠が濃厚と見られていました。さらに秋華賞ではルメール騎手はハーパーに騎乗、負けが濃厚な秋華賞ではなく、ルメール騎手が確実に騎乗できるエリ女を選んだと考えられます(妄想です)

テレビCMのラストに映るファインモーションは、秋華賞も勝ち遅れてきた大物と呼ばれていました。ローズS2着でしたがブレイディヴェーグも遅れてきた大物という感じがあります。

さらにテレビCMの佐々木さんのポーズが「C」に見えます。これは「C.ルメール」の「C」、馬名も含め「C」はルメール騎手のCしかありません。

 

◯7番 ジェラルディーナ

前述しましたが、今年のエリ女の決着は「3歳馬優勝・2着古馬」になるだろうと予想しています。古馬筆頭はジェラルディーナ、唯一のGI馬ですし、ムーア騎手に乗り替わりで鞍上強化、今年は勝利がなく昨年と比べると勢いが無いように思えますが、大阪杯6着、宝塚記念4着の成績は、今回のメンバーの中ではナンバー1です。

 

▲2番 ルージュエヴァイユ

テレビCMで紹介された古馬がスイープトウショウ。スイープトウショウは4歳の時に優勝しています。今年の出走メンバーの4歳は抜けた馬がなくどの馬も微妙であり、どの馬にもチャンスがあるようにも見えます。ルージュエヴァイユを推す決めてとなったのはGIヘッドラインサインの「進化」とこの馬の馬名意味「覚醒」が一致した事と、テレビCMの見上さんの服が「V」に見える事から、馬名に「V」が入るこの馬を選びました。

 

△11番 ライラック

4歳馬からもう1頭、ライラックは昨年のエリザベス女王杯2着(同着)12番人気で波乱の決着となりました。その後は良い成績は残していないのですが、前走の府中牝馬Sで3着、牝馬限定ならばチャンスはありそうです。CMの佐々木さんの服が「緑=6枠」GIヘッドラインで「ゾロ目サイン」があったので「11」はサイン強めです。

 

大穴 5番 イズジョーノキセキ

テレビCMの考察で長澤まさみさんが「I」に見えるという事でメンバーの中で「I」を探すと、馬名ではイズジョーノキセキが頭文字Iで一番良く見えます。さらに岩田騎手の「I」、テレビCMでは「経験値が若さに勝る事もある」というセリフがあります。唯一の6歳馬であり、鞍上の岩田騎手とのコンビもかなり長い、経験値で一波乱あるとすればこの馬。

 

サイン予想は以上です。この予想はサイン読みを重視した予想であり的中を保証するものではりません。馬券の購入は自己責任でお願いします。